ほうき耳鼻咽喉科クリニック 西宮 耳鼻科 アレルギー性鼻炎 花粉症
西宮市 甲風園1-1-5 法貴ビル3F
TEL:0798-62-4133
ほうき 耳鼻咽喉科 クリニック
診療案内
アレルギー性鼻炎中耳炎
中耳炎
 よく耳にする「中耳炎」という言葉ですが、中耳と上咽頭(鼻の奥あるいは喉の上の方)をつないでいる耳管を通じて、鼻や喉のほうから細菌が入り込んでしまうと、起こってしまう病気です。その名の通り、中耳が炎症を起こしてしまいます。子どもの場合、風邪をひいたのをきっかけに発病することが多く、治りきらないまま放置すると慢性中耳炎や滲出性中耳炎に移行することがあります。
■ 急性中耳炎

 中耳に液体がたまった状態です。 小児やご老人の方に大変多く見られます。小児は、急性中耳炎が治った後も中耳に液体が残り、慢性化して滲出性中耳炎になることがよくあります。アレルギー性鼻炎や慢性鼻炎の子は特に治りにくいので、根気良く通院して中耳に空気を通す必要があります。ご老人が滲出性中耳炎になりやすいのは、中耳が液体を排出する機能(耳管機能)が衰えてしまうためです。この場合も空気を通す治療を根気良く続けます。気長に頑張らないと治療が難しい病気です。

■ 滲出性中耳炎

 小児にとても多い病気です。 風邪を引いた時に「耳が痛い」と子供さんが泣いたなら、急性中耳炎であると判断して良いでしょう。細菌が鼓膜の内側(中耳)に入って暴れている状態です。治療法としては抗生物質の投与や耳の処置が必要となってきます。状態に応じて鼓膜切開の手術を行います。

■ 慢性中耳炎

 鼓膜に穴があいたまま、塞がらない状態の病気です。完全に治すには手術が必要です。もちろん、手術せずに耳の処置だけで様子をみることもできます。患者様の状態や希望などに応じて対処しています。

▲このページのトップへ戻る
西宮 耳鼻科 ほうき耳鼻咽喉科診療時間・地図医院紹介診療案内花粉症についてお問い合わせご予約求人案内
アレルギー性鼻炎中耳炎|<花粉症> 花粉症対策レーザー治療減感作療法
Copyright (C) 2005 Houki Otolaryngology Clinic All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】