ほうき耳鼻咽喉科クリニック 西宮 耳鼻科 アレルギー性鼻炎 花粉症
西宮市 甲風園1-1-5 法貴ビル3F
TEL:0798-62-4133
ほうき 耳鼻咽喉科 クリニック
診療案内
アレルギー性鼻炎中耳炎
アレルギー性鼻炎
 くしゃみ、水のような鼻水、鼻づまりを特徴的症状とする疾患を総称して鼻過敏症といいます。いわゆるアレルギー性鼻炎とは、この鼻過敏症の1つです。鼻過敏症の中には、アレルギー性鼻炎の他に、好酸球増多性鼻炎、血管運動性鼻炎などが含まれます。
 これらの症状は、一年中症状に悩まされる方もいれば、花粉症の様にある特定の時期だけ症状の出る方もいます。これは、原因となる抗原(アレルギーの原因)の違いによるものです。つまり、ハウスダストやダニが抗原となっている方は症状が一年中あり、花粉が原因となっている方は一定期間の間だけ症状が出るというわけです。後述した花粉が原因となって起こるアレルギー性鼻炎が、俗に言う花粉症と呼ばれる病気になります。

 アレルギー性鼻炎は何が原因になっているのかを調べることが治療において重要になってきます。原因を調べる方法はいろいろあります。ここでは、問診から治療までを順を追って説明していきます。
 
▲このページのトップへ戻る
■ ワークフロー
(1) 問診
 まず、患者様に問診をかけさせて頂きます。症状の程度、発症年齢、好発期、合併症、アレルギー既往歴その他家族の方の治療歴など、ご自分の身体で分かられていることがあればお知らせ下さい。
(2) 検査
アレルギー性鼻炎の診断を行うにあたって、行われる検査は下記のものがあります。
鼻鏡検査、硬性鏡検査 ・ レントゲン検査 ・ 鼻汁中好酸球検査 ・ 原因抗原検査
>> 鼻鏡検査・硬性鏡検査
 鼻鏡検査とは、アレルギーの起こっている鼻粘膜の状態を把握するために必要不可欠な検査です。鼻づまりと一言で言っても、鼻の粘膜が腫れてつまっているのか、鼻水が多くてつまっているのかなど何処に原因があるのかを鑑別するために粘膜の状態の把握が必要となります。 鼻粘膜の状態
 右図のように、アレルギー性鼻炎に見られる鼻粘膜の状態は、通年性の場合粘膜表面が白色、浮腫状に変化します。このような変化をしている場合、粘膜の腫れを引かせる作用のある薬剤を選択する必要があります。
 当院では、このように鼻粘膜の状態を提示し現在の状態を共有し、また治療によりどのように粘膜の状態が変化するかを供覧しております。
>> レントゲン検査
 レントゲン検査はそれほど重要視すべきものではありませんが、鼻の内部を診ただけでは症状がアレルギー性鼻炎だけで説明がつくのか、慢性副鼻腔炎の関与かあるのかは判断が困難なことがあります。副鼻腔炎の関与は、レントゲン検査が必要になります。また、アレルギー性鼻炎があり2次的に慢性副鼻腔炎が発症するケースや、難治性の好酸球性副鼻腔炎の場合もあり必要となることもあります。
 当院では、レントゲンデジタル撮影装置を用いているため、撮影後現像まで5分程度で画像を供覧することが出来ます。
>> 鼻汁中好酸球検査
 症状がアレルギーか非アレルギーかを簡単に判断する検査方法です。鼻水中に好酸球という白血球の一種が顕微鏡で見られればアレルギー性であることがわかります。
>> 原因抗原の検査
 抗原を特定する検査を行うメリットは、アレルギー性鼻炎の治療には薬物療法、レーザー治療減感作療法などがありますが、大切なことは抗原を遠ざけることです。抗原を特定することにより原因の除去か可能となります。
【皮膚テスト】 皮内テスト、スクラッチテスト、プリックテスト
【特異的IgE抗体測定】
【鼻粘膜誘発テスト】 市販されている誘発用抗原ディスクはハウスダスト、ブタクサのみしかありません。
(3) 治療
・抗原除去と回避・薬物療法(内服薬・点鼻薬など)
減感作療法
レーザー治療
下甲介粘膜切除術
 当院では必ず、治療を受けていただく際に患者様とのコミュニケーションをとることを第一に考えています。共に治療してゆくことへの意欲、病気や治療法への理解、信頼を促進し、互いに診療のパートナーとなる必要があるからです。治療に対する疑問があれば遠慮なく、お話していただける環境を作ることに勤めています。治療に対して満足してもらえるか、どの部分が不満足なのかをお話していただき加療の参考にしてゆきます。
疑問に思われた点、もっとこのようにして欲しいということがありましたらお気軽にご相談下さい。私達も日々問題点を改善し、患者様にとって最も良い環境を提供していきたいと考えております。
※妊娠時、授乳時の治療
 妊娠経過中は、特に初期(期間形成期)は催奇形性があるため、抗アレルギー剤の内服、点鼻薬の使用は出来ません。このような方で、入浴中に鼻症状の改善する場合は温度の調節できるスチーム吸入器の使用をお勧めしています。また、授乳中は、内服薬剤の乳汁への移行があるために抗アレルギー剤の使用は出来ません。この場合は、点鼻薬の使用を最小限度で行うか、入浴中に鼻症状の改善する場合は温度の調節できるスチーム吸入器の使用をお勧めしています。
▲このページのトップへ戻る
西宮 耳鼻科 ほうき耳鼻咽喉科診療時間・地図医院紹介診療案内花粉症についてお問い合わせご予約求人案内
アレルギー性鼻炎中耳炎|<花粉症> 花粉症対策レーザー治療減感作療法
Copyright (C) 2005 Houki Otolaryngology Clinic All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】